ホーム > 商品一覧 > 芋菓 妹枕 > 芋菓 妹枕 18コ入 (2658)

室戸西山台地の土佐金時芋をふっくらと炊き上げ、特別栽培あずきの餡でやさしく包んだお菓子

万葉集研究の土佐の偉人、鹿持雅澄の愛妻の歌にちなんだ土佐みやげです。
室戸西山台地の土佐金時芋をふっくらと炊き、特別栽培あずきの餡でやさしく包みました。

室戸西山台地の土佐金時芋菓 室戸海洋深層水 妹 枕 -いもまくら-

あきかぜの 福井の里に 妹をおきて 安芸の大山 こえがてぬかも 鹿持 雅澄

ものさびしい福井の里(高知城の西野山手)に
妹(妻)をのこしたまま、
自分は旅をしているが、行く手の安芸の大山は、
妻のことを思うと、誠に越えにくいことであるよ・・・

幕末の頃の土佐の国学者、鹿持雅澄は、福井村に住み、軽格の至って身分の低い徒士でした。室戸岬に近い安芸郡羽根の浦役人(湊の船の出入りを管理する)として赴任する途中、手結山の峠を越え、豪壮な太平洋の景色を眺めつつ、安芸郡大山岬を前にして、高知の空をふりかえり、妻を想う愛情をうたったもので、健やかで齟齬くな万葉の調子をおびた、土佐人ならではの名歌でございます。

雅澄は、困苦窮乏に耐えて、ひたすら古典の研究を続け、畢生の大著「万葉集古義」-まんようしゅうこぎ-の完成をみるまでには惨憺たる苦心が重ねられたのでありました。その間における。菊子婦人の辛労はほとんど言語に絶していて、 雅澄が、「万葉集古義」の著述に没頭する事を得たのも、実に菊子夫人が誠意をもって、舅に心をつくし、良夫に仕え、三男一女を抱え、後遺の憂なからしめたため、だと言われています。

雅澄は、その大著の業半ばにして妻を失った時、如何にして哀傷の情切なるものがあったかということは「栄言格」の奥署の一節に、「・・・しかはあれど我常に大丈夫は名をし立つべし、後の世に聞きつぐ人も、という古言を称へ居りしを、有りし世に妻が聞き喜びて、夏の日の暑さもいとはず、冬の夜の寒さも知らで、朝夕の事とり賄ひつつ、いささかも我志のたゆみなからん事を助けあへりしその面影の、今も見ゆる様に覚ゆる」とあります。

この様な、賢明な女性を妻にしていた雅澄の心からなる愛妻の歌を戴き、 古き良き、土佐の先人の心情に想いを馳せつつ、 室戸西山台地の土佐金時芋と室戸海洋深層水をもちい、「妹枕」とさせて頂きました。

芋菓 妹枕 18コ入
芋菓 妹枕 18コ入 【2658】

芋菓 妹枕 18コ入 (2658)

商品番号 2658

2,160円(税込)

[22ポイント進呈 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

名称 和生菓子
原材料名 さつまいも(高知県)、砂糖、赤生餡(小豆)、白生餡(白いんげん豆)、水飴、卵黄(卵を含む)、海洋深層水(原水)、小麦粉/トレハロース、膨張剤
内容量 18個
賞味期限 7日(お届けからの最低保証期間)
栄養成分表示(1個当たり) エネルギー124kcal、たんぱく質1.9g、脂質0.4g、炭水化物28.4g、食塩相当量0.06g(推定値)
保存方法 直射日光・高温多湿を避け涼しい場所で保存してください
製造者 株式会社 浜幸 
高知市はりまや町1-1-1
製造所 高知市大津乙695-1

創作和洋菓子

テレビ朝日「シルシルミシルさんデー」や他メディアでも紹介された浜幸オリジナルのこだわりお菓子。

和菓子

素材にこだわった季節を感じる和菓子。高知ならではの味わいをお楽しみ下さい。

洋菓子

日本人の口に合う洋菓子を追求した浜幸の洋菓子。「日本人のための」洋菓子をお召し上がり下さい。

詰め合わせ

話題にもなるコンセプト豊かなお菓子の詰め合わせは自分用にも贈り物にもピッタリ。

水菓子

全国菓子博「名誉総裁賞」受賞のゼリーは果実をまるごと使った贅沢なゼリー。

ジャム・キャンディ

果実の持ち味をそのままお楽しみ頂ける、土佐の果実をふんだんに使った絶品ジャム・キャンディ。

のし・ラッピングについて
無料で手提げ袋をお付けいたします
商品はファックスでもご注文いただけます。